交通事故

Traffic accident

交通事故治療

交通事故のことなら

交通事故でのケガを甘く考えてはいけません。交通事故を扱う調査会社のデータによると、事故後2~3ヶ月経った後に深刻な症状が現れてくる症例が多数報告されています。

「むち打ち」などの交通事故のケア

jiko交通事故は、日常生活ではありえない大きな衝撃を私たちに与えます。衝撃を受けた身体は見かけ上の変化がなくても、筋肉や神経は深刻なダメージを受けている可能性が十分にあり、「むち打ち」など首や肩の痛み・頭痛・腰痛・手足のしびれ・めまい・ショック症状・発熱など、さまざまな症状を引き起こします。交通事故でのケガは早期に適切な治療を行わないと、後遺症を発症してしまうことも否定できません。

当院の交通事故治療対応

Step 1

交通事故後、相手の保険会社へ連絡し、当院へ通院する旨を伝え、当院の住所・連絡先をお伝えします。

Step 2

当院へ保険会社から連絡が入ります。

Step 3

問診等を行い、治療プランや治療内容など説明をさせていただき、納得していただいた上で治療を開始します。

Step 4

経過状況をみて、保険会社へ経過報告をしながら、引き続き治療を行います。

Step 5

症状が治療した段階で施術終了となります。

芳川鍼灸整骨院の交通事故治療 Q&A

芳川鍼灸整骨院で交通事故治療は受けることができますか?
問題ありません。当院では柔道整復師・鍼灸師の国家資格を持った医療従事者が治療対応を行いますので、交通事故の自賠責保険を使った治療が認められています。
交通事故での治療費はかかりますか?
交通事故での治療は、加害者の自賠責保険によって賄われます。ですから患者様が治療費をご負担いただく必要は一切ありません。
病院での診断でレントゲン撮影では異常がないと言われました。しかし「だるさ・めまい・吐き気」など身体に違和感や不調感があるのですが…。
交通事故で生じた違和感や不調感の治療は、芳川鍼灸整骨院におまかせください。病院で撮影するレントゲン写真は骨格の異常は撮影できますが、筋肉や腱などの不調までを撮影できる訳ではありません。交通事故での生じる身体の不具合は、骨格のみならず筋肉や腱などの不具合が原因の場合も考えられます。
交通事故で受けたケガの症状が軽いのですが…。
ケガの程度に関わらず、安心してご来院ください。交通事故のケガは骨折や脱臼など重傷なものばかりではありません。特に「むち打ち」の場合は、激痛を伴わないものの「頭痛・吐き気・めまい・鈍痛」が長引き慢性化するケースが良くあります。
事故後数日経って痛みが出てきました…。
事故直後になんともなかったものの、時間の経過とともに痛みや違和感が生まれることがあり、特にこの傾向は「むち打ち症」で多く見られます。ヒトの神経はデリケートなため、事故後の興奮で痛みを感じずその後落ち着きを取り戻すと不具合が表面化してくるのと考えられています。時間が経過すると、痛みや症状と事故との因果関係が証明しにくくなってしまいます。交通事故に遭ってしまったら、ケガの程度に関わりなく必ず病院で診断をうけましょう。
現在、交通事故治療で別の病院や整骨院に通院しているのですが、芳川鍼灸整骨院に転院できますか?
芳川鍼灸整骨院は、あらゆる医療機関からの転院が可能です。実際多くの患者様が、「通院時間の問題」「治療効果の問題」などさまざまな理由で、他の医療機関から転院してこられます。転院の手続きは、保険会社に転院の意思を伝えるだけで可能です。
交通事故に遭ったのでが、すぐに治療を開始しても大丈夫ですか?
まったく問題ありません。むしろ治療の開始時期は早ければ早いほど効果的です。まずは当院にご相談ください。病院と連携し、適切に治療を進めていきましょう。
事故後に、それほど痛みがなくても治療を行ったほうが良いのでしょうか?
交通事故の典型的な症状である「むち打ち症」は、事故後すぐに痛みが発生するとは限りません。1~2年後に症状が表面化することも珍しくあないのです。そのような事態を回避するためにも、交通事故に遭われたら、なるべく早く治療を開始しましょう。
事故の加害者側の保険会社が指定の医療機関をすすめてきたのですが…。
事故に限らず、どこでどのような治療を受けるかは患者様の自由です。ましてや事故加害者の保険会社に、医療機関を指定できる権利などまったくありません。また事故治療は緊急搬送された救急病院でしか行えないわけではありません。ご自身が希望する医療機関に通院いただいて結構です。
事故後、他の病院に通院しているのですが、芳川鍼灸整骨院では自賠責保険治療で、病院の治療と並行した治療は可能ですか?
まったく問題ありません。当院でも他の病院と並行して治療を続けておられる患者さんは多数いらっしゃいます。ただし病院以外の整骨院や鍼灸院との並院はできません。
交通事故の治療期間はどのくらいなのでしょうか?
交通事故の程度は事故の状況によってさまざま。ですから一概には言えませんが、交通事故障害の代名詞である「むち打ち症」の場合、平均して3~4ヶ月程度の通院をされる方が多いようです。
交通事故で通院する場合、どのくらいのペースで通えばいいですか?
事故直後である初期(急性期)は、症状が強く出やすいため可能であれば毎日通院いただくことをおすすめしています。その後は症状に合わせ患者さんの状態を観察しながら、協力病院とも連携して治療期間や間隔をご案内していきます。
TO TOP